女の子の気分をそこねずに電話を切るときの一言9パターン

電話の切り方が悪いと女の子をがっかりさせてしまうかもしれません。どんな一言を添えればそれを避けられるのでしょうか。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者の意見をもとに「女の子の気分をそこねずに電話を切るときの一言」をご紹介します。

【1】「あったかくして寝なよ。おやすみ!」と女の子を気づかう。

「気づかいがあっていい」(10代女性)のように、やさしさが伝わる感じがいいという女の子がいます。夜遅くなり、女の子が眠そうにしているときに使えば、やさしさをアピールしつつ電話を終えられそうです。

【2】「また電話するね」と言って、会話を明日につなげる。

「また楽しく話せるイメージがわく」(20代女性)のように、次につなげる一言があるといいという女の子もいます。話が途中だったときは、「また明日電話するね」など、なるべく早いタイミングで話の続きを約束するといいでしょう。

【3】「次はいつ電話すれば迷惑じゃない?」と次にいつ電話していいかたずねる。

「気づかいが嬉しいです」(20代女性)のように、電話しても迷惑にならないタイミングを聞く気づかいが嬉しいという女の子もいます。お互い時間に余裕があり、たくさん話せる時間帯を選べば、おしゃべりな女の子でも満足させることができそうです。

【4】「長い時間、電話に付き合ってくれてありがとう」と言って、感謝する。

「『いえいえこちらこそ』っていう気分になる」(20代女性)のように、感謝の一言が胸にしみるという女の子もいます。女の子が「ちょっとしゃべり過ぎたかも…」と、気にしているときに、より効果的な一言といえそうです。

【5】「明日も早いでしょ? そろそろ寝ようか」と次の朝のことを意識させる。

「遅くなると朝起きるのが大変だしね」(20代女性)のように、次の日の朝のことを考えると電話を切ろうかなという気分になる女の子もいます。「明日も早いでしょ?」のように、あくまで相手の女の子を気づかう言い方にしましょう。

【6】「声聞けてよかった! それじゃまたね」と幸せをアピールする。

「ちょっと大げさな気もするけど嬉しい」(20代女性)のように、声を聞かせたことを感謝され幸せな気分になる女の子もいます。電話で話す機会が少ない女の子にはとくに、気持ちのこもった一言に聞こえるでしょう。

【7】「明日も、仕事(勉強)頑張ろうぜ!」とお互いを励ます。

「『おう! 頑張ろうぜ!』ってなる」(10代女性)のように、お互いを励まし合って電話を終えたいという女の子もいます。仕事や勉強など夢中になっていることについて話したときは、お互いを励ますことで気持ちよく電話を終えられるかもしれません。

【8】「話が尽きないから、今度会って話そうよ」と会う約束をする。

「『そうだね』ってなりますね」(20代女性)のように、「続きは会って話そう」という提案に喜ぶ女の子もいます。二人で会うときに備え、デートプランを用意しておけば、ただ話の続きをするだけでなく一日中楽しく過ごせそうです。

【9】「楽しくて電話切れないから、いっせいの! で切ろうか」と言って、一緒に電話を切る。

「一緒に楽しんでくれているのが嬉しい」(20代女性)のように、会話中の楽しい雰囲気のまま電話を切れるのでいいという女の子もいます。会話が盛り上がり、切るタイミングが見つからないとき、二人で同時に電話を切れれば楽しい気分のまま終えられそうです。

他にはどんな「女の子の気分をそこねずに電話を切るときの一言」があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)


×
fbでシェア
lineでシェア